1. HOME
  2. 事業案内
  3. 環境事業
  4. 業務用ボイラー コスト削減
  5. ボイラー用水水質改善機器『 LSFTC 』

環境事業

業務用ボイラー コスト削減

ボイラー用水水質改善機器『 LSFTC 』

「清缶剤」が不要になるボイラー用水水質改善機器『 LSFTC 』は、
設置した日から清缶剤・薬剤(スケール除去剤を除く)・脱酸装置の設置が不要になります。

通常、ボイラーに給水される水中の溶解性蒸発残留物(主に硬度成分)は、ボイラー内で次第に濃縮され、飽和状態(硬水)になって析出し、スケールとなって熱伝導面に付着します。この現象は、ボイラーの熱伝導率を低下させると同時に、ボイラー過熱の原因となります。

これを防止するために、一般的には「清缶剤」と「軟水装置」が使用されています。この「清缶剤※」が不要になるというボイラー専用の画期的な装置が『LSFTC』ボイラー用水水質改善機器です。

※清缶剤という名称を使わずに「薬剤」という表現をしている場合もあります。  

『 L S F T C 』の 効 果

※効果を保証するものではありません。

これらの効果を確認するために、メーカーのラコス社は、10年前より試験設置を行ない、設置方法や効果測定(公的指定機関の水質試験結果)等を実施。その結果、予想以上の効果数値を得ることが出来ました。
設置後、清缶剤を不使用。ボイラー内壁面はスケール(カルシウム・マグネシウム・シリカ等)の付着はなく、黒錆化が進行。 本機器の設置により、清缶剤をはじめとするボイラー関連薬剤のコストダウンは勿論、関連経費の節減で、周辺コストを大幅にダウンすることが可能になりました。そして有機JAS製法の規格に合致するとともに、ボイラー担当者の健康面への心配がなくなります。 

製品ラインナップ

 型式サイズ(mm)本体空重量(kg)
① LSFTC-40T 180×870 20.0
② LSFTC-50T 200×870 25.5
③ LSFTC-65T 265×870 42.0
④ LSFTC-80T 320×870 64.0
⑤ LSFTC-100T 385×870 70.0
⑥ LSFTC-125T 430×870 80.0

※事前に聞き取り調査(ヒアリングシート)や現地ボイラー確認調査を行った上で適切な型式を決定します。

木材加工会社
LSFTC-80T

紙製品製造工場
LSFTC-50T×1基
LSFTC-65T×1基

繊維製造工場
LSFTC-80T×2基

食品製造工場
LSFTC-125T×4基

導入までの流れ(スケジュール)